着物高額買取ハウツー

高額査定のコツを知りましょう

着物買取で高額な有名作家作品や加賀友禅・大島紬

着物買取では、一般的には格式の高い着物、つまり振袖や留袖、訪問着といったものが需要が高いため、高額で取引されています。これらの着物は基本的に生地も質がよいものが多く、染めや仕立てなどもかなり手の込んだものが多いため、購入するときにも高額であることが多く、着物買取でもその価値を認めているためです。

一方で、着物の格式に関係なく、高額の着物買取になる品物もあります。有名作家が手がけている作品や、加賀友禅・大島紬といった全国的にも良く知られている伝統工芸品などがそれに該当します。有名作家の作品といっても、国宝級の人や着物の歴史において偉大な貢献をした人など、対象となる作家はかなり限られています。既に亡くなっている作家の作品などは、今後新たな作品が出てくることがありませんのでさらに高値になる可能性があります。

また、加賀友禅は雅やかな伝統的な色柄の染めに人気が高く、訪問着や振袖、留袖などの格調高い着物でも良く利用されています。大島紬は逆に、織り柄で小紋の文様を描いていますので、通常は普段着として利用される着物です。しかし、近年では職人の数が大幅に減少したことから生産量が減少しており、また、紬の良さを評価している着物好きの人が多くなってきたことから、着物買取にも需要がかなり高い品物として評価されています。

近年では、着物を着用する機会が少なくなったことを受けて、伝統的な作品だけでなく、さまざまな試みが見られるようになっています。例えば、前述の伝統工芸品にしても、通常は染めた糸を織って文様を出していた大島紬ですが、あえて真っ白な糸のみで無地の反物を作り、底に加賀友禅や京友禅などの伝統的な手法で色を染めていくといった両者の特長を活かした着物なども登場しています。紬の生地ではありますが、文様は訪問着などの格式の高いものになりますので、一般的な柔らかものの着物よりは若干書くが下がるものの、格調高い袋帯などと組み合わせることによって、かなりフォーマルな場面でも着用することができるようになっています。

このように、着物買取では例外的に高く評価して買い取ってくれることもありますので、見た目にはそれほど高級そうに見えないという品物でも、絹織物であれば一度持ち込んでみる価値があります。小物類も付属しているとすぐに着用できるため、プラス査定になることがありますし、証紙や証明書などがあればさらに評価が高くなります。

Copyright(C)2015 着物高額買取ハウツー All Rights Reserved.