着物高額買取ハウツー

高額査定のコツを知りましょう

着物買取における保存状態「染み・汚れ」の重要性

着物買取ではどのような着物でも買い取ってもらえると思われることもありますが、実際にはそうではありません。 着物買取で買い取られる着物はほとんど転売が前提となっているため、商品としての価値が無いと買い取ってはもらえないのです。 その価値の判断には様々な要素が関係してきますが、まず常に関係してくるのが保存状態です。 特に問題となるのが染み・汚れで、クリーニングでは落とすことが出来ないような染み・汚れがこびりついてしまっている着物だと、それがどのように美しく効果な着物であっても、着物買取を断られることが多くなってきます。

染み・汚れには様々な種類がありますが、食べ物の汚れ、飲み物の染みの他、普段の着用でつく汗染みなども問題になってきます。 そうした汚れは普段からしっかりとお手入れをしていれば防げる部分もあるのですが、残念なことに実際に着物買取に出される着物の中には、日々のお手入れを怠っていたがために価値を大きく下げてしまっているものが少なくありません。

さて、では一度染み・汚れが付いてしまうと着物買取を絶対にしてもらえないのかというと、これは極まれにではありますが例外があります。 例えば元々の生地の質が良いという場合にはリメイク目的として買い取ってもらうことができる場合もありますし、最近だとそうした保存状態の悪い着物であっても積極的に買い取っていくれる業者が出てくるようになりました。

そのため着物買取を依頼する業者によっては、多少保存状態が悪かったとしても買取をしてもらえる可能性はあるでしょう。 ただしかし、そうした買取はあくまでも「生地」としての買取であり、「着物」としての買取ではありません。

生地と着物ではその価値も大きく異なりますから、なるべく高額で買い取ってもらいたいのであればしっかりと普段の手入れに配慮をすることが重要となります。 着物を着た後はしっかりと状態を確認して汚れがあれば落とし、染みが付いていればすぐにシミ抜きを行う、しばらく着用しないのであっても定期的に虫干しをすることが重要です。 こうしたメンテナンスをしていけば着物のコンディションをしっかり保っていくことができますし、着物買取では手をかけられた着物ほど高く買い取ってもらうことができます。 着物買取に出そうと決めてから手入れをしたのでは手遅れになっていることも少なくありませんから、着物は普段から大切に扱うように心がけましょう。

Copyright(C)2015 着物高額買取ハウツー All Rights Reserved.